【サノバウィッチ】アカギのキャラめぐるルートと違くない?

サノバウィッチ

いよいよラストのヒロイン紬ルートをプレイするんだぜ

【サノバウィッチ】恋愛初心者な二人がイイね
いろいろあったけど、めぐると恋人同士になったよ!そんなわけでイチャイチャパートのスタート!二人でお昼を食べてたら、恋人らしくあーん、とかするのかな、と思ったらめぐるちゃん恥ずかしがっちゃうし...

紬と言えば寧々と同じく魔女なわけですが、別に敵対するわけでもなしに仲良くやってきてる感じ

紬の願いが何なのかはまだわからないわけですが、まあさすがに個別ルートで明かされるでしょう

そんなわけで紬の個別ルートに入ったわけですが、入って早々憧子から遊園地のペアチケットをもらうことに

オカ研の子でも誘ってみれば?と言われたので

そのままの意味、足りないチケットは自腹切ってオカ研メンバーみんなでいこうぜ、という意味でお誘いしたわけですが……

ペアチケットあるから遊園地に行こうって誘ったら

それどう考えてもデートのお誘いですよね?

慌てちゃうめぐる可愛い!

けどまあ全員から断られてorzな感じに

柊史的にはそういう意味で誘ったわけじゃないから、単純に嫌われてるのか……みたいな感じでへこむことになったわけですが

女の子っぽい恰好だけじゃなくて、行動でも代償として気持ち悪くなっちゃうから無理ってだけで、別に柊史と一緒が嫌ってわけじゃないんだからね

みたいなフォローが来ることに

柊史君ここでようやく勘違いに気づくっていうね

まあ結局遊園地に行く話はお流れになるわけですが

ここでアカギが登場

めぐるのルート以外のヒロインのルートではでてこなかったわけですが、さすがに紬のルートには出てくる模様

まあめぐるのルートでは、過去に魔女になっためぐるの友達の話の際に、結構入れ込んでる感じがしたので、意外と親しみやすいキャラクターなのかな?

とか思ってたら

寧々から奪ってしまった心の欠片を刺して何やら勘違い

七緒とも前に問題を起こしたみたいだし、雲行きが怪しい雰囲気……

その場はとりあえず解散の流れになって

紬の願いは売り切れた服をもう一回お店に並べて欲しい、という事だったんだ

というお話を聞くことに

なんか二人仲良く帰ってるなあ、って長閑な雰囲気ですが……

おや……アカギの様子が……

そしてその日の夜、夢で見る過去の柊史の出来事

何やら能力のせいで家に引きこもってたけど、先生がクラスのみんなを連れてきて柊史君学校いこうよー、ってやったけど

心を感じる柊史的には、こんだけしたんだから来るよね?みたいな足がしてキツイ、みたいなお話

夢見が悪すぎて現実の柊史にも影響出てるけど、夢の内容考えたらこれはしょうがない……

ってなぐらいヤバい

そらこんなことあったら柊史君そつなく立ち回ることを選ぶわ、って納得せざるを得ないレベル

で、まあ当然何でこんなことになったんだ、というお話なわけですが

アカギが柊史の心を直接削ったとか

何それ怖いしえげつない

まあ人間じゃないので倫理観なにそれおいしいの?みたいな感じですが、これはヒドイ……

でもむしろこっちの方が最初に登場したときの印象と一致する感じなんで、むしろめぐるルートのアカギの方がおかしい気がします

で、まあとりあえず空いた穴を埋めようってことで

紬に交尾をさせようとする幼女がいるらしい

まあ中身動物だからね、しょうがないね……

まあ交尾はあれだけど、ちょっと抱きしめるぐらいはするよ

ってことでやってもらうわけですが、まさかそんなことで心の穴が埋まるわけが……

あったりするから寧々さんご立腹ワロタ

で、まあその甲斐あってどんどん欠片は戻っていくわけですが、その量があんまりにも多いもんだから

やだもうこの子むっつり過ぎワロタ

今更だけど寧々の代償が発情なのは、元からエロかったからなんじゃなかろうか……とか思ったり思わなかったり

肝心の紬とはなんかうまく挨拶できなかったり、ちょっと他の子と喋ってるのやきもきしたりとか、やだこの二人付き合う前から初々しい、みたいなやり取りをしつつ

手をつないで帰る二人がやだ可愛い……

これはもう完全に付き合う流れですわ……

って思うじゃん?

柊史君、ここで遊園地のペアチケットのお話を切り出す!

この流れならいける!みたいな雰囲気ですが

轟沈するっていうね

まあ正直、前に紬行けないって言ってたじゃん?

何なの柊史君鳥頭なの? 鳥はアカギだけにしてくださいよ

という感じ

というか女の子っぽいことができないっていう縛りなら、デートもそうだけど付き合うこともできないのでは?

となると心の欠片を集めきるところから始まるんですかね

まあともかくもへこんでる柊史のフォローから入りそうな感じです




タイトルとURLをコピーしました