【はにかみCLOVER】えみるが積極的過ぎてヤバい

はにかみCLOVER

すみれのルートが終わったのでいよいよラストのえみるルートに

【はにかみCLOVER】妹がしっかり者過ぎて大和がツライ
前回、盛大な勘違いで大和が大変なことになった後にすみれと恋人になったよというわけで、やることやった二人おめでたいことなんですがうん……まあ……うん……ともかくも、恋人同士になった上に毎日...

えみると言えば莉緒と同じく淫魔

な、わけですが、淫魔であることを嫌ってる莉緒と違ってえみるは受け入れているわけで

ルート分岐早々こんなことを言ってくるっていうね

まあ何やら100人ぐらい精気をくれる男がいるらしいからなれたもんなんでしょう

はえーすっごいなー

苗字呼びだとすみれと被って困るから、今日から名前で呼ぶね

それからわたしのことも名前で呼んでくださいね、と言われてお互い名前で呼び合う仲になるっていうね

さすがえみる、男の相手は手馴れてるなー

そんな感じで普段は爛れた生活を送ってるんだろうなあ、と思いきや

休みの日はサイクリングで遠出してるとか意外と健全な上に行動的っていうね

えみるに誘われて一緒にサイクリングにいったりするわけですが、その辺はばっさりカットされるっていうね

サイクリングとは全くの無関係で、事故に遭って入院することになった大和君

オナニー禁止令が妹が出るとかその時点で結構アレなわけですが

今回のルートはえみるですよ……(あっ

おまけにすみれルートでも言及されてたけど、淫魔相手にエッチなことしたらなかなかエロい気分が抜けなくなるんだ、というお話

で、いろいろ我慢しないといけないというのに、えみるのアプローチっぷりがぱない

体だけの関係とかお試しでもいいですよ、みたいに迫ってくるっていうね

さすが100人も男を囲んでるえみるはいうことちがうなー

まあそんなんでオッケー出してるなら、クリスマスを待たずに莉緒の方がむしろ押し倒されてた感あるよ

ってことでお断り

しかも折り悪く、莉緒の特訓の目途がついちゃって

もう無理に莉緒の相手をしなくても大丈夫、という状態に

まあ莉緒は大和の頼みなら断らないでしょうけど、これ莉緒のルートじゃなくてえみるのルートだからね……

ってことで、もう完全に打つ手なし

これもう全部えみるの手の上なんじゃないかな……と思わなくもない

結局えみるにお願いすることになるついでに、100人は見え貼りましたテヘペロ

みたいなお話を聞くことに

初めては学校のトイレでした……

と言っても本番はお預けで口だけですが

それでもえみるはうっきうき

大和の精気がうますぎてヤバい、みたいな状態に

しかもなんかテンション上がり過ぎたのか

その場で濡れたパンツを大和に手渡して帰るとか言うトンデモ行動に出るっていうね

何この子痴女なの?

なお大和君、しっかりとご利用する模様

だがしかし、えみるの攻勢はそれでは終わらない!

脱ぎたて濡れパンツを渡した次は

エロい自撮りが送られてくるっていうね

何この子完全に大和を喰う気満々なんですけど……

淫魔怖い……

結果ハッスルしすぎて、すみれに迷惑掛かってしまう……とかなっちゃう大和君マジ男の子

とはいえさすがに様子がおかしすぎる……ということに気づいて

すみれさんまさかの学園で巫女服の着用(二度目

これはえみるに精気を過剰に吸われてるに違いない!

ってことで、問い詰めに行ったわけですが

実は男と付き合ったことないし女子校出身だからお付き合いの仕方とかわかんないし

とりあえず淫魔だからって変なところはないんですよ、っていう意味で自撮り送ってるだけだった、とかいうオチが

でも変なところがないっていうのを証明するために天然で大和が悶々としちゃうような自撮り写真送っちゃう淫魔が恐い

さすがにこれにはすみれも苦笑い

というかもうさっさと押し倒してくっつけよ、とぶん投げていくっていうね

で、その辺の勘違いがとかれた結果

そのまま大和を屋上に連れ出して精気をごちそうになっちゃうえみるさんマジエロモン

そんなわけで付き合ってるわけでもないのにエロいことをいっぱいしちゃう関係になったわけですが

そこに莉緒から待ったをかけられることに!

これは……熾烈な女同士の戦いが始まりますね……

って思うじゃん?

えみるが一方的に莉緒をフルボッコにして終わるっていうね

莉緒ルート以外の莉緒が毎回失恋することになるのがツライ……

まあその割には本人のルートはルートで速攻で振られることになるのがアレですけど

そんなわけで、散々エロい誘惑されてエッチなこともしちゃってるけど、まだ付き合ってるわけじゃない二人

まあそのうち押し倒すか押し倒されるかして付き合う展開になるんだろうなあ




タイトルとURLをコピーしました