さくらいろ、舞うころにをクリアした感想

さくらいろ、舞うころに

PULLTOPのさくらいろ、舞うころにをクリアしたので感想でも

海外から日本に帰ってきた主人公が転入した学園で

卒業式のイベントを考える、卒業式実行委員会に入って、卒業式に関してああだこうだ言いながら、いろいろ計画を練っていく、というお話

まあ見ての通り、卒業がメインの作品なわけですが

卒業とかそんな泣かせに来る展開、百戦錬磨のエロゲプレイヤーである自分が

なぐわげなんでないだろぉぉぉぉぉぉぅぉぉぉぉぉんん!!

みたいな感じで、完全にしてやられたっていうね

そんなわけで、ストーリーは良かったんですが、まあちょっと問題、というほどでもないんですが

ヒロインのみなが、一番卒業式に対する入れ込みがある、って感じのキャラなので

必然的にみなのルートの卒業式が、一番卒業式に尺というか焦点が当たってる、っていう感じなので

みなのルートの後に、他のヒロインでの卒業式見ちゃうと、まあ悪くはないけど……って感じになっちゃったっていうね

他三人のルートが悪い、ってわけじゃないんですが

みなのルートが卒業式がメインなのにたいして、他のヒロインの場合は卒業式がついで、みたいな感じなので、まあ力の入れようが違うかなと

そんなわけで、個人的にはみなのルートを最後にプレイするのがいいんじゃないかと

ゲーム自体は、選択肢の数は少なく、あっさりと個別ルートに進めるので、選択肢でセーブさえしてれば簡単に個別ルートに入れるのは楽でよかったです

展開的には結構ご都合主義というか、割と何やっても許される、みたいな雰囲気ですが

それはそれで、フィクションならではの卒業式が見れました、って思えば全然いいんじゃないかなと

ストーリーに特にとがったものはなかったんですが、展開は割とテンポよく進むので、文章を読むのが苦痛だった、とかそういうのは特になかったです

ただ話にあんまり激しい起伏がないんで、途中の展開で飽きる人は飽きるんじゃないかな?って気はします

卒業式とかそんなの言葉だけで泣けちゃう、みたいな人にはお勧めですが

先が気になって仕方ない、って展開も問題もとくにないので、まったりした話が嫌いな人には合わないかも、という感じでした



タイトルとURLをコピーしました