催眠ぱらだいす!をプレイした感想

感想

onomatopeの催眠ぱらだいす!をプレイしたので感想でも

物語開始早々主人公が四人のヒロイン達にご奉仕されてるところから始まる物語

催眠を使ってみんなに言うことを聞かせてるんだろうな

って感じの始まりですが

そこから過去回想というか本編へ

ある日突然催眠術を教えてあげるよ

みたいな迷惑メールが来て、お金を払っちゃった結果

あまりにも雑な内容のマニュアルが送られてきちゃうことに

でも実際に試してみたら普段かなり態度の悪い女の子にエッチなことをさせることに成功しちゃう

ただ催眠術と言っても認識を変えられるだけで

なんでも思い通りにすることはできないから、簡単にエッチなことはできない……

なんてことはなく

次々と女の子達とエッチしていく日々を送ることになるっていうね

で、まあ主人公が学園の用務員なわけですが

ちょっとした事故で女装すると美少女に見える

っていう催眠術を学園中にかけてしまうことに

女子生徒として学園に通い、同級生としてヒロイン達とエッチする展開にもなるんですが

用務員としても普通にエッチなことしちゃうっていうね

設定的には結構残念な感じの主人公なわけですが

なんか普通に好意を寄せてるヒロインがいたりして

催眠術必要ですか……?

とか思わないでもなかったり

ヒロイン個別エンドがありつつ

おまけでハーレムルートもあるので抜きゲーとしてはボリュームたっぷり

内容に関しては基本文句はないわけですが

ただ難点を上げると、主人公が女装することになるわけですが

その主人公が立ち絵として表示されるっぽいです

コンフィグで非表示にしてるのでプレイ中実際には一度も見たことないわけですが

オープニングムービーには結構出てきて

正直えぇ……って感じだったので

そこに関しては気を付けたほうがいいかも、って気はします

それを除けばそれぞれパターンの違う催眠を掛けられたヒロイン達が

滅茶苦茶エロくてよかったです!




タイトルとURLをコピーしました