クナド国記をクリアした感想

クナド国記

パープルソフトウェアのクナド国記をプレイしたので感想でも

千年のコールドスリープから目覚めたら

そこは人類が衰退していました

というところから始まる物語

始まって早々女の子を押し倒したりしちゃうわけですが、それはそれとして

人類は鉄鬼という敵が現れたことにより、大きく数を減らすことになり

今なお鉄鬼たちは存在し、人類の脅威になってる

でも一番ヤバいボスっぽいのはもう倒してあるから安心してね

みたいな感じで、バトルものかと思いきや戦いはもう終わってるからってことで

むしろ戦いよりも、これから国を発展させていくべく

千年前の知識をください、という感じで起こされることに

目覚めたそこは未開の地ではなくて

文明は大きく衰退してるけど

統率の取れた人類の住処だった

でも人類の生き死にがかかってるってことで

無駄なことなど一切ない、みたいな感じの世界

住人達も与えられた役割をこなすだけ、みたいな感じだったので

そこに主人公がいろんなものを加えていって

文明とか文化が少しずつ進歩していく

というのがなかなか面白い

ただ敵のボスは倒してるけど、敵はまだいるってことで

途中途中で、なかなか熱い戦闘シーンがあったりするのもよかったです!

攻略としてはアマツツミ方式で

アマツツミをクリアした感想
アマツツミをクリアしたので感想でも主人公は人里離れた場所とであんまり人と関わり合いにならないような生活を送ってたけど、外の世界を見てみたくなって里を飛び出した結果、行き倒れてヒロインの家に居候することになるというところから始まる物語しかもこの主人公、他の人に何でも命令できる素敵スキルを持ってるんですが、前述の生い立ちか...

ストーリーの進行でヒロインの話になって、個別ルートに行く選択をするか

続きの話を見るか、みたいな感じで分かれていくので

ルート分岐は簡単に

ヒロインの個別ルートに行くと一度そこでエンディングとなるので

直前にセーブして個別ルートを見て本編へ

っていう感じでプレイしたら、ルート的には無駄なくプレイできるんじゃないかな

という感じ

ヒロインは可愛いし、主人公との絡みも面白くてよかった!

……ですが

エロシーンに関してはかなりボリューム控えめ

エロ目的でプレイするなら、お勧めできません

また、ヒロイン数は4人いるも

双子のヒロインはワンセットなので、実際には個別ルートは3つ

ボリューム的にはヒロイン一人分少ないかな、という感じなので

そこが気になるって人もいるかも

個人的には話は面白かったし、ボリューム的にもこれぐらいでも問題ないかなという感じですが

個別ルートが三人分と言われると、ちょっと少なく感じるかも

もう一人ヒロインがいて、その一人分のルートでカントの発展を見せてくれたりしてもよかったかな

という感じはします

全体的には話が面白かったので満足!

戦闘は熱くていいし、クライマックスもよかった!

まあ最後の最後はちょっと蛇足感あるかな……とは思いましたが

そこに至るまでの過程が滅茶苦茶よかったです!

そんなわけでストーリーを楽しみたい!

って人はプレイしても損はないんじゃないかと

ただし、エロ目的ならやめた方がよくて

プレイするにしてもボリュームはヒロインが3人で

ボリュームがそれ相応、というのは念頭に置いておいた方がいい感じです

そこさえ問題なければ、楽しめる作品だと思います!




タイトルとURLをコピーしました