姉を助けるため残された姉妹を穢す背徳の日々をプレイした感想

感想

姉を助けるため残された姉妹を穢す背徳の日々をプレイしたので感想でも

親の再婚によって三人の姉妹と暮らす用になった主人公

姉が両親のいる海外まで出かける、ということで

しばらくの間三人で暮らすことになる、という話になった矢先に

姉が何者かによって誘拐されることに

その誘拐した犯人は、主人公に残された姉妹を犯すように指示してくることに

姉を助けるために、ってことで

義妹の処女を奪い

それだけじゃ足りないからってことで

もう一人の妹の処女まで奪わされることになるっていうね

で、二人を犯したんだから姉を返せ

となるわけですが、その一回で終るはずもなく

それから毎日のように誰かを犯せといわれることに

妹達だけじゃなく、幼馴染や教師にもその矛先は向いて

凌辱していくうちにどんどん主人公の思考が歪んでいき、最後には取り返しのつかないことに……

という話ではなく

基本みんな主人公のことが好きなので、やってるうちに恋人になるっていうね

無理矢理主人公に襲われてるはずなのに、ほとんどのヒロインが和姦みたいになるので

嫌々やってるはずなんだけど、途中から合意の上みたいな感じになるので

タイトル的には滅茶苦茶嫌われながらセックスすることになるんだろうな、と思うわけですが

別にそんなことはなかった

というお話

真面目に抵抗するというか、主人公に対して嫌悪感むき出しになるのが一人だけっていうね

ちなみにもちろん、誘拐されてる姉とのエロシーンも

誘拐犯に言われて無理矢理、みたいな感じだけど

姉も姉で主人公のこと大好きなので、最終的には全部丸く収まる、みたいなお話

あくまで主人公は脅されてセックスをしてるので

時折変態的な指令がでるものの、基本普通にエッチしてるだけって感じでちょっと予想外

エロシーンがエロくないわけではないんですが

もっと悲惨なものかと思いきや、一人を除いてヒロイン側が主人公を普通に受け入れてるので

凌辱物としては物足りない感があるかな、というところです

ヤッてるうちにヒロイン側もどんどんエッチになっていくので、そういう意味ではエロくてよかったんですけどね

そんなわけで、絵が気に入ってこのキャラのエロシーンが見たい!

っていうならありですが

凌辱物をプレイしたい!

って言うのでプレイするならやめた方がいいかな、って感じですね




タイトルとURLをコピーしました