【缶詰少女ノ終末世界】展開がガチすぎて緊張感半端ない……

缶詰少女ノ終末世界

小海が特殊准尉になってるとか言う訳の分からない世界線

【缶詰少女ノ終末世界】また展開に置いてけぼりにされる……
烏森を倒したけど、更紗に倒された上に辻花まで出てきてもう訳が分からんツバキは一体どうなったんだ?ってのもわからないのに、なんかいきなり日常に帰ってきてキャンプの続きしてるとか今これどう言う状態な...

いつぞや監禁されることになったシェルター的な場所で

何かしらの任務に就くことに

今だからわかるのが、更紗も辻花も普通の人間じゃないから

いつの間にかあの場にいたってことなんでしょうね

で、任務は学生でも任される程度のものっぽいですが

ここには核ミサイルがある模様

そんなものを学生に管理させるなよ……

って感じなわけですが、まあほぼ使われることのないものなんでしょう

更紗も嶽山も緊張感とか全然ないですし

辻花と八乙女もいつも通り

辻花に関しては小海と結ばれたばっかりってことで

八乙女から探りを入れられてっていうね

一応仕事というか任務中なのに

全然緊張感がないのはまあ学生だから仕方ない、ってことなんでしょう

このまま最初の時みたいに、何事もなく時間が過ぎていくんだろうな

とか思ってたら

コンピュータから変な音が聞こえることに

何かしらの異常事態かと備えるより先に、コンピュータが壊れちゃったか

みたいな感じで取っちゃってる辺り、かなり緊張感がないですね……

が、もちろん何も起きてないはずもなく

モニターに謎のマークが

地図が映ってるモニターにunknownってそれ……かなりまずくないですか?

そんなわけで、はい

ミサイルが飛んできました

え、何戦争なの? 待ったなしなの?

何それ怖い

幸いにしてミサイルは迎撃できたわけですが……

報復として、こっちもミサイルを撃つことに

おまけに最新式じゃ迎撃できないから

この基地にある旧型のミサイルを使うことが決定

つまり、小海達にミサイルを撃てという指示がでたってわけですね

……え、なにこれ、今までと違ってガチでハルマゲドン待ったなしじゃない……?

淡々とミサイル発射の為の準備が整っていって緊張感がヤバい

まさかついさっきまで場所がアレだけど日常みたいな感じだったのに

いきなりの急転直下っぷりにびっくりだよ

でも世界線の設定はぶっ飛んでるけど

小海達のポジションにのっとって話が進行してるから、ツバキが活躍してた時の滅茶苦茶感は感じないのが余計にヤバい

全員命令に従って作業を進めるわけですが

我慢できなくなって辻花が声を上げることに

何なら発射を止めるべきだとか言い出しちゃう

一応軍属になるんだろうけど、まだ学生だから、そういうふうになっちゃうよね、って感じはするけど

小海も嶽山ももう覚悟は決めちゃってるっていうね

これは……戦争待ったなしですわ

って流れですが

絶対にミサイルを撃たせないという強い意思を辻花から感じてしまう……

で、まあ辻花がやったからってわけじゃないけど

ものすごく懊悩することになる小海

この辺はマジでどうなるんだ……って感じでドキドキものですよ

で、結局はミサイルを撃たずに停止させるわけですが

いくら辻花に言われたからって、それだけで判断したって言うわけじゃなくて

要は訓練の一環だったって言うね

いやほんとそれがわかるまで

ガチで撃つんじゃないかとドキドキものでしたよ……

そんなわけで話は訓練でした

で終ったけど、発射順序の邪魔をした

っていうノリで、辻花を拘束することになったのでした

ということで、緊張感あふれるシーンが終わって一安心

ちょっと緊迫感あり過ぎてマジでドキドキものでしたね




タイトルとURLをコピーしました