【あかときっ】展開が最っっっ高に熱すぎる!

あかときっ

グランドルートが絶望的過ぎィ!なところまでプレイしたわけですが

【あかときっ】グランドルートなのに状況が絶望的過ぎてヤバい
ヒロイン四人クリアしたら選択肢でグランドルートに入れることにそんなわけでグランドルートの攻略を始めるんだぜのっけからなんか各ヒロインのルートの一場面が出てきて、お、これは並行世界ってやつですか、みたいな...

凛子も含めて魔砲器隊全員いなくなって、残ったのがチッカと真悠人だけって困難どうやっても無理ゲーやん……状態に

でも状況は絶望的なのに心が折れてない真悠人くんマジパナイ

バックアップしてくれてる面々もまだ戦う気満々

まだまだ人類の反撃はここからだ!って感じでいいですね

凛子の母親で最強の魔砲使いの千鶴もさすがに悪い考えがよぎってたわけですが、まだまだ諦めてない真悠人とともに戦うことに

これまでは裏方って感じだったわけですが、ここまでの展開を考えるに戦闘に参戦してくれそう

その一方で、やるだけやっちゃったピエロがすごいつまらなそう

さすがにこのままフェードアウトはないでしょうが、果たしてどう絡んでくるのか……

で、味方側はチッカが独断専行してククリクとの一騎打ちに

勝てるわけないじゃん!

と、思いきや、ククリクの手の内を呼んで詰めていくチッカが熱い!

正直一人で行ったのは何考えてるんだ……って感じだったけど、目的としてはククリクが本物かどうかを確認しに行った模様

で、なんか傷の位置が反対じゃん、ということに気づいてチッカが知ってるククリクじゃない!ということに

まあそれがわかったからといって、このククリクを倒せるわけではないんですが……

その上敵の親玉まで登場となったらもうね……

勝てるわけがない!

と、ここでまさかのラスボスからのお誘い

こんなところで世界の半分をくれてやろう的なセリフが聞けるとは思わなかったよ

しかも向こうが圧倒的に有利な状況なのに

望むなら魔砲器隊のメンバーも生かしてやるし、別にすきを窺って反抗しても構わないという、勝ってる側が出すには破格過ぎる条件なわけですが

まあここで乗るような主人公はもちろんいませんね!

自分のものにならないならクラヤミにしてやんよ!

ということで、爽夏の時にも見たダークマターなる物質を埋め込まれることに

で、そのまま内面世界的なところでカウンターユニットとしての真悠人と相対することに

勝った方がここから出ていく!

みたいな感じでさしの勝負!

って思うじゃん?

敵側に偽物?の魔砲使い隊が加わるっていうね

なんかもうグランドルートで戦う場面はほんと絶望的な場面が多すぎる……

が、

この場面で別の世界で各ヒロインのルートに入った時のセリフが流れるっていうね……

こんなんさあ……負けるわけにはいかないやん!

いや6対1で勝てるわけないやん?!

あの演出で真悠人が滅茶苦茶パワーアップ!

とかそういう展開もなく、6人にフルボッコにされて速攻敗退だよ……いや無理ゲー過ぎる……

って思うじゃん?

ここで魔砲器隊のメンバーが応援に駆け付けるって何なの? 神展開なの?!

しかもこの応援って、真悠人がやられた後に入ってくるんだよ?

完全にまた負けイベントかよ……の流れからこの演出とかさ……

最高過ぎません!?

さすがに敵に捕まってたみんなが駆け付けてくれた、とかではないわけですが、無事なのは確定っぽい

さらには並行世界の記憶が若干流れてきてるとからしく……これは終わったら修羅場待ったなしですね

そんなわけで現実世界に帰還!

ただし、真悠人がカウンターユニットを撃破しちゃったもんだから、真悠人ももう普通の人間に……

戦力減で状況は絶望的なままだし、相手はもう真悠人を消し飛ばす満々だし万事休す!

と、ここで満を持してピエロの登場だよ!

こいつホント毎回毎回いいキャラしてるけど、さすがにこの登場はかっこ良過ぎない!

しかも手助けしてくれる理由が、真悠人が自分の意思でカウンターユニットじゃなくなったからとか、キャラブレしなさ過ぎてイイ!

まあいろいろやってくれたけど、さすがに相手の大ボスを倒すなんてことはなく、真悠人の前で消えていくことに……

当然、ピエロの次は真悠人たち、このままピエロに続いて消えていくのか……

って思うじゃん?

いやここでさ……美優と雄二が帰ってきて真悠人を助けるとかさ……控えめに言ってさ……

最っっっ高に熱すぎる!

しかも凛子を助ける手助けまでしてくれるとか、なんだよピエロ最高かよ!

完全にピエロが状況を逆転させてくれたよ!

そんなわけでクラヤミ戦になるわけですが

負けるわけがない!

そんなわけで凛子を取り戻すことに成功

まだまだ状況的にはヤバイのは変わらないけど、かなり希望が見えてきた感がありますわ

いやそれにしてもちょっとここの展開は最高過ぎてマジ鳥肌ものでしたわ




タイトルとURLをコピーしました