えれくと!をプレイした感想

感想

アストロノーツのえれくと!をプレイしたので感想でも

実家が花屋を営んでる主人公が、家の手伝いをしつつ

ヒロインの一人に頼まれて商品を作る

みたいなことをしてるところから始まる物語

その子がメインヒロインなのかな?

と思ってたら、途中で深窓の令嬢っぽいキャラが出てきて、距離的にはかなり遠いけど、お互い見かけたら素振りで挨拶してる

みたいなキャラが登場

で、話が進んでいくうちにヒロイン達はみんなサキュバスで、メインヒロインは精気を補充することができなくて死にそう……みたいな状態に

普通の人間が相手なら精気を奪ったら死んじゃうけど、主人公はなんかすごいらしくて相手をしても平気なんだ

ってことで

お互いなんかいいよね、みたいな感じに思ってたのもあってエッチすることに

主人公のおかげでメインヒロインは体調も回復

無事に学園に通うことができるようになったけど、主人公がいないとまた精気が足りなくなっちゃう

ってことで、主人公もヒロインと同じ学園に転入することに

ヒロインはみんなサキュバス!

そのうえ、主人公がなんかすごい精気を持ってる、っていうのもわかってるので、他のヒロイン達に狙われたり、な展開も

明るくエッチな学園生活が始まるよ

みたいなストーリー

なので、一応普通に恋愛するけど、エッチ成分多めな感じの作品でした

とりあえずプレイした感じでは

文章がダルイ

話の進むテンポが悪いというか、主人公のモノローグが長すぎてメンドクサイ

正直そんなダラダラ地の分いれなくていいからもっとちゃっちゃと話を進めてくれよ、という感じでした

まあこの辺はそういうのが好き、って人もいるでしょうからマイナスポイントにはならないのかもしれないですが、個人的には微妙でした

話的には重い展開とかは特になかったかと思いますが、メインヒロインに精気をあげる話はヒロインの個別ルートじゃなくてプロローグのイベントになるし、他のヒロインの個別ルートを選んだらメインヒロインとは別れるというか、そもそも付き合ってもいないわけなので、自然消滅みたいな感じになるわけですが

あれ? これメインヒロイン精気どうするの?

とか思ったり思ったり

なんかメインヒロインを救ってくれてありがとー

みたいな感じで学園中から感謝されることになるけど、それ他のヒロイン選んじゃったらいろいろ針の筵になる気がするんですがそれは……

みたいな感じに

まあ、エロ目的で細かいことはいいんだよ!

って感じでプレイするならありなんじゃないでしょうか

ヒロイン全員サキュバスってことで、みんなエッロエロなので、その辺は問題ないんじゃないかと

ストーリーも楽しみたいっていうなら、メインヒロインの設定はさておいて、量の多いテキストが好みかどうかにかかってるんじゃないかな、という感じです




タイトルとURLをコピーしました