大阪CRISIS ~COMEBACK & COMES A NEW HEROINE~をプレイした感想

感想

つるみくの大阪CRISISをプレイしたので感想でも

主人公は再開発事業局という部署の局長で

そこに仕事が依頼されるわけですが

大阪を再開発して歓楽街を作るから

そこで働く女を用意するのと、再開発の邪魔になる相手を排除してほしいというお仕事

主人公には権力も実力も暴力もあるので

邪魔になる相手の排除は勝手に進んでいくわけですが

女の子の方もそのついでにゲットしていく感じ

主人公がやってることが違法行為なので

敵対勢力が出てくるものの、その先兵になったヒロインは主人公に取り込まれることになったりも

ゲームとしては基本的にどのヒロインを調教するか

って言うのを選ぶだけなので、簡単にヒロインのエロシーンを見ることが可能

エロシーンは基本凌辱で

主人公がヒロイン相手に一切遠慮しないので、結構滅茶苦茶に犯されることに

ヒロイン全員どこからともなく攫ってきた、とか言うんじゃなくて

普段は猫を被ってる主人公とかかわりのあるキャラばっかり

むしろ主人公を信頼してるヒロインがほとんどなわけですが

その信頼をあっさり裏切って、心を痛めることなく調教していくことに

輪姦もあれば乱交もあり

女の子を攻めるシチュエーションが好きなら満足できるんじゃないかと思います!




タイトルとURLをコピーしました