虜ノ旋律 ― refrain ― 調律される処女たちと女教師をプレイした感想

感想

Guiltyの虜ノ旋律 ― refrain ―をプレイしたので感想でも

どうメーカーの虜ノ旋律の続編

と言っても、舞台が同じで前作のメインヒロインが出てくる程度なので

虜ノ旋律をプレイしてる必要は特にない感じ

虜ノ旋律をプレイした感想
虜ノ旋律をプレイしたので感想でもヒロインは全員で6人いるんですが、メインヒロインはこの子虜ノ楔のときと同じく、関係ない女の子のエロシーンがいくつか挟まった後話が始まるわけですがメインヒロインがとある男性に弱みを握られて襲われることにで、それで傷心していたのもつかの間、さらに別の男性に弱みを握られて襲われることにと言う感...

で、ゲームを開始した早々

メインヒロインが凌辱されてるところからスタート

シリーズ通してメインヒロインが絶対に凌辱されることになるわけですが

今作では一人の男に延々と凌辱された後

見た目小さな子供みたいな男の子と女の子に開発されることに

このシリーズだと、最初の方は犯されることを嫌がり続けるし

気持ちよくなるまで多少時間がかかるわけですが

今回は最初のエッチとこの調教シーンで

心はともかく体の方はしっかりと気持ちよくなるように調教させられちゃうのがエロい!

最初の方は一人の男、あるいは双子に犯されることになるわけですが

後半は当然のごとく輪姦シーンが

開発されまくったヒロインが、嫌がりながらも気持ちよくなっちゃってるのがエロくてイイ!

ヒロインは全部で四人と

これまでのシリーズに比べると少なくその分一人当たりのシーンが多い、というわけでもない感じ

その辺は多少考慮しておいた方がいいかなって感じ

ただ今作は徹底的な調教で心はともかく体の方は早目に快楽を覚えるので

嫌がりながらも体は気持ちよくなっちゃうのがエロくてよかったです!

前作のヒロインの七緒が出てくるのも特徴

ではありますが、別にやってなくてもエロいものはエロいので

あんまり気にする必要ない感じ

虜ノ旋律で凌辱されてるから、他のヒロインと違って処女じゃなく

エッチなことにも耐性がある、ぐらいの認識で問題ないんじゃないかと

ボリューム的には少し物足りない感がありますが

内容的には特にメインヒロインが徹底的に開発されて

心は堕ちずとも体が快楽を覚え込まされてたのが滅茶苦茶エロくてよかった!

凌辱物の抜きゲーが好きならプレイして損はないかと思いますが

ボリュームに関しては他シリーズと比べるとちょっと少なめな印象なので

そこだけ注意が必要かな、という感じです




タイトルとURLをコピーしました