【もののあはれは彩の頃。】そんなわけで第弐面が始まっちゃったよ

もののあはれは彩の頃。

すごろくをクリアしたのはいいけど、第弐面が始まってしまった

【もののあはれは彩の頃。】すごろくをクリアしたぞ! もののあはれは彩の頃。完!
みさきとチームを組んだぞ! もう何も怖くない!で、チームを組んで移動したら京楓と同じマスに止まっちゃったよでもここ、緑色のマスですよね……ってことでまた現実世界の話になるわけです...

先にゴールしてる面々が多数いるわけですが

第弐面があるということで全員待機中

まあこれなら一位じゃなくてもとりあえず問題はなさそうなわけですが……

しばらくは現実世界はお預けみたいですね

で、全員揃うまで待機

ということで、縁が来るまで待つことになるわけですが

上がりに到着したら例のボスが出てくることになるわけですが

何やら実は死人の魂の集合体だった、って言うことが説明されることに

いつまでこんなことをさせられるんだ……

みたいな感じで投げていてるらしいんですが……

縁さん、容赦なくぶっ殺す模様

やだ、この子怖い……

そんなわけで縁もゴールして、第壱面が終了

なお、縁さん

ゴール地点で暁を見つけて殺そうとするも、ここでは能力使えないから

とか言われて諦める模様

で、第弐面が始まったわけですが

第壱面では使われてなかった賽銭を使って特殊な効果が発動できるよ

とのこと

もちろん緑色のマスもあるから、現実の記憶もいろいろとみることになるんでしょう

なお、チームを組んでるメンバーは必要な金額が人数分増えるそうな

正直暁達はお金足りなさ過ぎて使えない感ある

チームは壱面で組んだときのままなので

四人チームで進んでいくことに

ゲームがまた序盤に戻ったからかちょっと余裕がある感じ

で、まあ暁チームはみさきがリーダーをすることに

現実世界の記憶だと、みさきはボードゲームつよかったよね

みたいなお話があったので

で、そのみさきはプレイヤー全員一チームにまとめたら勝ち確定だよね

という提案をすることに

まあそうでもしないと全員無事に生き残って終わる、とはならないですよね

でも縁とか暁と同じチームになったら絶対殺しに来ると思うんですがそれは……

まあともかく相違方針で頑張ろう、みたいなことに

なお、そんな話とは全然関係なく

クレアと琥珀はチームになった模様

一番チームになってくれそうな二人が別のチームを組んじゃったよ……

ってことになったものの

まあそれならそれで常に二人が同じマスにいることになったんだから、手間が省けたよね

って前向きなみさきさん

クレア達も含めて三人が強制停止マスに止まってるから、ここは合流したい

ってことで、サイコロを振るも数が足りず

その代わり緑色のマスに止まることに

今度はどんな記憶が蘇るのやら……

とか思ってたら

なんかいきなり暗いですけど……

で、ところ変わって京楓や大誠たちが出てくるシーンに移るわけですが……

あれ、これもしかして暁って孤児か何かだった……?

まあ京楓がヒロインなら血はつながってないんでしょうが……

なんか最近は当たり前のように実妹ヒロイン攻略してるエロゲーあるからなあ……

で、まあ現実世界の記憶を見終わった後はマスのイベントがあるわけですが

そのものずばりで、緑色のマスに止まってると見えるものは何?

というクイズが出されることに

当然実際にあったけど忘れてる現実の話、みたいな感じで答えるわけですが

それだと及第点しか与えられないとのこと

まだ何かしらの謎が隠されているという事なんですかね……

とりあえずそこは先のお楽しみということか

とりあえず電車に乗ってる琥珀可愛い、とか思いつつ

暁達はすごろくを進めていくのでした、まる

という感じ

壱面をゴールしてどうなることかと思ったけど、まさかの弐面だよ

弐面があるなら参面もあるよねって感じなんですかね……




タイトルとURLをコピーしました