もののあはれは彩の頃。をクリアした感想

もののあはれは彩の頃。

QUINCE SOFTのもののあはれは彩の頃。をクリアしたので感想でも

ゲーム開始早々

なぜか主人公が双六のマスにいるところから始まる物語

何故双六にいるのか、双六をやっているのかわからないまま

サイコロを振って先に進んでいくことになるわけですが

同じマスに止まれば、別の駒と会うことができる

ってことで、一人で双六をやっていくんじゃなくて

場合によっては他のキャラも登場しつつ

話が進んでいく感じ

登場人物全員、今の状況に対して特に何か思うところもなく

双六があるから上がりを目指していくことに

普通に考えたらこの世界自体おかしいわけですが

そういう世界観なのかな?

と思いきや

ちゃんとした現実世界もある模様

じゃあなんでこんなところで双六をやってるんだ?

という謎を抱えつつ、上りを目指して進んでいくという物語

とはいえ双六なんだからサイコロを振るだけの運ゲーじゃん

と、思いきや、もちろんそんなことはなく

双六に勝つために、キャラクターに対して直接攻撃

殺してライバルを蹴落とす

なんてことも普通にやってきちゃう、物騒なゲームっていうね

登場人物一人一人に特殊能力が割り当てられてるし

マスの効果で他人を妨害できるしで

普通に死人が出ることにも

双六らしく普通のマスもあるけど

どう手も普通の双六じゃないので、普通じゃない効果のマスもあったりして

双六を進んでいくだけでも謎が深まって面白い

さらには頭脳戦なんかも繰り広げられるものだから

ただ双六をプレイするだけのゲーム、なんてことももちろんなし

最初から最後まで謎いっぱいだし、その謎が解けていく様も面白い!

ストーリーがとても面白いゲームでした!

ヒロイン毎にルートがあるわけですが

ルートごとに双六の展開が全く異なるものになるので

マンネリ感も全くなし

どのルートに行っても、最後までどうなるんだ……と楽しめること間違いなしです!

ストーリーが面白いエロゲーをやりたい!

って言うならおすすめの一品

ただし双六での戦いがメインって感じの作品なので

主人公とヒロインのイチャイチャに関しては、なくはないけどおまけ程度

ぐらいに思っておいた方がよさげ

ヒロインに魅力がないってことは全くないわけですが

双六が忙しくて主人公といちゃついてる暇があんまりないっていうね

ヒロインとのイチャイチャを求めるなら、ちょっと……って感じになるかもです

そんなわけで、面白いストーリーのエロゲがプレイしたい!

って人にはお勧めの作品でした!




タイトルとURLをコピーしました