【クナド国記】優里ルートが終わったんだぜ

クナド国記

優里と恋人になったってことで、優里ルートを攻略中

肉食系ヒロインの優里に襲われつつ

イチャイチャしてるわけですが

実は前回出てきた狐面の男は優里の父親だった

な、なんだってー

な、展開に

とはいけ一緒に過ごしたこともなく

母親の宿舎で育てられたので、顔も見たことがないぐらいあの関係っぽい

家庭がないから親子関係すら希薄な世界っていうね

しかも能力至上主義ってこともあって

怪力しか持たない優里に対して興味も失ってたとか何それヒドイ

で、まあ折角父親に出会ったわけですが

本人に名乗り出るつもりはないようで

それならせめて父と娘のコミュニケーションとして

手合わせでもどうですかとご提案

てっきり断られるかと思ったら、割とあっさり受け入れてくれたっていうね

そんなわけで、手合わせの話を持っていったら

てっきりまた八剣とやらされると思ってたっていうね

よく考えたら支援要員の燕を除いたら

戦ってない残る八剣は冬人だけっていうね

これには優里も涙目ですよ

まあ実際には今回の相手は八剣じゃないってことで一安心

なんか双子も一緒についてくることに

優里なら普通の相手なら負けるわけない

みたいな感じになってるから

これはお父さん涙目の展開では……

とか思うじゃん?

実はお父さん超強いっていうね

まあもちろん能力があれなんで、茜や葵なんかには勝てないわけですが

接近戦なのに優里がいいようにやられちゃってるっていうね

なんとこの人、武術の使い手だったのだ!

しかも誰かに師事したとかそんなんじゃなくて、0から生み出したとか何それヤバい

とんでもない才能じゃん

って気はするけど、カントの場合は敵が全部鉄鬼だからね……

武術があっても、能力がしょぼかったら倒せないだろうし

鉄鬼を倒せる能力があるなら、そもそも武術とかいらんだろうしで

何とも不遇な感じに……

しかし優里もそうだし父親もそうだけど

筋力強化は外れ能力みたいに言ってるけど

鉄鬼には勝てないとしても、肉体労働しかないカントの生活だと

労働力的にはかなり重宝される気がするんですがそれは……

まあそれはそれとして、夕方になるまで稽古をして

満足しちゃった優里さん

お父さんの方はやっぱり名乗り出る気はないらしく

仮面をかぶってる以上

人ごみに紛れちゃうともうわからない、

踏ん切りもついたし、もう会うこともないし、頼まれても言霊で探さないでほしいとお願いされることに

その話自体は受け入れるものの

優里にも選ぶ権利はあるはずだからってことで

男が父親であることは優里に教えることに

相手が父親としって、探すのは優里の自由ですからね

で、まあもちろん探す方を選ぶことになるわけですが

じゃあどうやって探すのってなると

優里の方から見つけようがないなら、父親の方に来てもらうしかない

ということで優里の方から父親に呼びかけることに

その優里の心からの叫びに父親の方が我慢できずにでてきちゃうっていうね

親子関係が希薄とはいっても

やっぱり親は親なんやなって……

信や春姫の持ってる言霊の力はもちろん能力なわけですが

そんなものなくても、言葉はそれだけで力を持ってるんだよ

っていうお話もよかったです

で、そんな二人を見ていたら

結婚のメリットを思いついたってことで

結婚したらその二人は仮面を外していいよ、ということに

ああ、それは確かに家族になるって感じがするな

って感じですね

そんなわけで後は優里と信が結婚してめでたしめでたしというお話なわけですが

夏姫に関しては、道半ばでルートを別れちゃったってことで

何かしらの企みがあったんでしょうが

消えてしまうことになるっていうね

夏姫が一体何をしていたのかは、まあ話を最後まで進めればわかるんでしょう

優里ルートも終わったので、次は本編の方を進めることになる感じです




タイトルとURLをコピーしました