【この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY】ソアリング部アフターを終えて、この大空に、翼をひろげてをクリアしました!

この大空に、翼をひろげて

ソアリング部を存続できるかも、という希望が見えてきたよ

【この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY】問題発生から解決に向けて動いていく流れがイイね!
ソアリング部アフターはなかなか難しい問題がてんこ盛りの模様、みたいなお話とりあえず小鳥との喧嘩に関してはイスカと小鳥が話したのもあったしそれをこっそり見てた碧が小鳥をデートに誘う流れに...

教師陣の説得は予定通り亜紗と依瑠が行うことに

教師たちの所に説明に行くことになったわけですが

その一方で、小鳥と碧はイスカに頼まれてとある場所へ

どこへ向かうのかというと

亜紗と依瑠のお爺ちゃんの所へ

双子ルートで一度会ったけど

今回は一体何の御用やら

イスカはソアリングクラブ関連だろうけど、小鳥と碧は一体……?

という感じ

とりあえずイスカの話やソアリングクラブの話になるわけですが

途中でモーニンググローリーの話に

実際に飛んだ二人にどんな気分だった?

みたいに聞いてくるわけですが……

あれ、ひょっとしてこの話を聞くために二人を呼んだのでは?

なんかお爺ちゃんもグライダーで空を飛んだことがある、みたいな話だし

これならなんかスムーズにクラブ開設までいけそう

って思うじゃん?

モーニンググローリーを飛んだ実績はさておき

最近は大した活動もしてないみたいだし

どうなの?

って感じで言われちゃう

じゃあ卒業フライトでいいものみせてやんよ

みたいな流れに

亜紗と依瑠も卒業フライトを教師陣に見せる

みたいな話になったらしく

決戦は卒業フライト!

という感じ

ちなみにお邪魔キャラだった飛岡先生は

今回も反対と思いきや、意外にも味方というか

ちゃんと見るべきだと言ってくれるっていうね

監督者不在という問題があったけど

そこは視覚を持ってる天音を丁度よく捕まえられたので事なきを得ることに

後は卒業フライトで何をするか

ってことで、アクロバットの特訓とかしてたわけですが……

天音の評価はいまいち

操縦が下手くそとかそういうのじゃなくて

小鳥たちらしくない、って言われちゃうと

そのままでいいのか……って気分になっちゃう

卒業フライトだし人に見てもらわないといけないから

ってことで派手な活動してたけど

自分たちのやりたいことをすればいい、ってあんちゃんが言ってくれるっていうね

とはいえじゃあ何をするかという話なわけですが

後輩の女の子が、小鳥たちがモーニンググローリーを飛んだときにいたっていう話を聞いて

閃き!

小鳥ルートのモーニンググローリーを飛んだときと言えば……

後は本番のお楽しみ

本番前は二人の時間を大切にしつつ

ああ、もうほんとに終わるんだな……って感じに

なおもちろんやることやる模様

後はいざ本番

ゴム索曳航っていう、小鳥ルートと同じ手法でグライダーを飛ばすことに

これには亜紗たちのお爺ちゃんもにっこり

最後にいいところを見せようと二人で乗り込み空へと飛び立つのを見ながら

それを見守ってた天音のセリフが最高過ぎる……

飛び立った後はまあ特に問題もなく飛んでいくわけですが

目標がないって言ってた小鳥にも新しい目標ができたし

後は主人公である碧がバッチリ決めてくれるでしょう!

小鳥は大学生になるわけですが

碧は卒業して就職、一足先に社会人へ

そんな主人公が、こんなタイミングで何もしないわけもなく

プロポーズきたああああっ!!

これには小鳥も二つ返事

とはならずに、細部が聞こえなかったからもう一回!

とアンコール

もちろんもう一回愛の告白をするわけですが

それは小鳥の周到な罠だった!

ワザと無線をONにして、地上にいる人達にも聞こえるようにプロポーズさせたっていうね

みんなに言う手間が省けたとか言っちゃう碧が男前!

改めて地上に戻って指輪をわたしてハッピーエンド

一応教師陣がいるけど……まあプロポーズを止める理由はないですね

後は来てくれた人たちを交代で空へと連れていき

好評のまま卒業フライトは終了

碧達は卒業し

ソアリング部は亜紗たちが引っ張っていくことに

最後は空を見上げながらおしまい

という、感じでこの大空に翼をひろげてをクリアしました!

本編で大きな目標を達成したその後の話だったわけですが

現実的な問題が多かったものの

かなり綺麗にまとまって話としても滅茶苦茶面白かったです!

作品として完全に話はおしまい、って感じでちょっと物寂しい気もしますが

本編とファンディスク通して満足感たっぷりの内容でした!



タイトルとURLをコピーしました