【もののあはれは彩の頃。】琥珀ルートはゲーム内容が違い過ぎてビックリ

もののあはれは彩の頃。

みさきルートをクリアしたので、次は琥珀ルートに

【もののあはれは彩の頃。】みさきルートをクリアしました
歩く災害みたいな縁と同じマスに止まってしまってさあ大変みさきは全員揃ってゴールをするのが目標なので縁もチームに誘うわけですが縁は暁絶対殺すマンなので当然仲間にはならない感じ縁が暁...

サイコロを叩いてルートを選んでるんで

誰のルートかは選んだ時点ではわからないわけですが

分岐の直後で琥珀と同じマスになったし

そのまま同じチームになって進む、って決まったので

これはもう琥珀ルート確定ですね

とはいえ琥珀に合流するため

じゃなくて、単に踏んだマスが悪くて後ろの方まで戻されちゃった暁達

ゴールまで遠すぎワロタ状態なわけですが

そこは琥珀

このマス目の関係で4以上を出したらあがれるってどういうことだってばよ

って感じなわけですが

まあ琥珀だし……

ちなみに四人チームのときに戦ったあのボスキャラは準備ができていないから無しでイイよ

とかアバウトすぎィ!

いやこのメンツで勝つ方法がわからないんだけども

とりあえずゴール下ので次は弐面だなってなるわけですが

ボス戦があったりわざとらしく第壱面あがり、みたいな感じで言われたりしてたし

みさきのルートが最初に行く想定のルートっぽい?

実は気づいてなかっただけで最初は強制的にみさきルートだった可能性も?

わからないけど、とりあえず琥珀ルートは展開が全然違うっぽい

そもそも京楓や大誠も一緒にいないし

ゴールしたらなんかいきなり暁は獅子って言われて

一体どういうことだってばよ、状態

展開が違うどころか第弐面のステージ自体が違うらしく

第弐面は獅子と虫に分かれて戦う模様

虫は三順に一度獅子を殺せて

獅子はゴールするか虫が誰かを当てたら勝ちって言うルールっぽい

人狼ゲームかな?

ただし、推理を外したら死んじゃう、とか言うペナルティもあるので

疑わしきは罰せよともいかない模様

そんな中でクレアがついうっかり口を滑らせてしまう模様

あっ……これは……

完全に罠ですね、間違いない

準備段階から罠仕掛けてくるとか抜け目なさ過ぎワロタ

双六のマップもみさきルートとは全然違うし

一体どんな展開になっていくのやら……

前回は一応仲良し四人組は全員生還って感じだったけど

今回はそうもいかないっぽい

三順に一度誰かが死ぬってことで

殺伐としたゲームになりそうだけど

琥珀の存在には結構癒される感じ

まあその直後に、虫を指名するってことで、縁がクレアを指したら

ものの見事に引っかかって死んじゃうんですけどね

一瞬で殺伐としちゃったよ……

おまけに進もうとしたら道を塞がれることに

この面で沈んだらどうなる?という問いに答えないと先に進めないわけですが

沈む=死んだらどうなるの?

っていう問いの答えって、それ実際に死ぬとこみないとわかんないよね……?

つまり最低でも一人虫に食われないとクリアできなくない……?

いやまあ虫を当てるという方法があるけども

同じく足止めを喰らったカラスも問いには答えられない模様

結局虫が誰かを喰うのを待つ必要があるわけですが……

一体だれが食われるというのか……

虫なんてどうやって推理すればいいんだろう

って話で、その人を狙いそうな人を推理する

みたいなお話

暁が真っ先に狙われたとしたら……まあ犯人は京楓ですね、間違いない

こっちのルートでは和解してないからね……

まあ誰が虫かはわからないわけですが

ブレーンたるみさきがいればきっと何とかなる……

って思うじゃん?

いきなりみさきが殺されるとか衝撃的過ぎるんですけど!

余りの展開に呆然とするしかない……

地図についた血が生々しすぎる……

クナドの問いには答えられたから先に進めたけど

ここから先果たして暁に勝ちの目はあるのだろうか……

一緒のチームにこそなってないけど

みさきの死に動揺してる大誠がちょっといいね

一方で獅子が確定してるクレアがなぜか無事

虫からしたら狙ってもおかしくない立ち位置な気がするわけですが……

なぜみさきが狙われたのか、わからんね……

ともかくも、衝撃的過ぎる展開で始まった琥珀ルート

先が気になり過ぎてヤバいですね




タイトルとURLをコピーしました