ニュートンと林檎の樹をクリアした感想

ニュートンと林檎の樹

ニュートンと林檎の樹をクリアしたので感想でも

ゲームとしてはニュートンの時代にタイムスリップしたらうっかり歴史を改変しちゃったテヘペロ

このままじゃ自分達が戻る未来が存在しないから、頑張って歴史を修正するよ!

というお話

偉人擬人化ものなのでニュートンはもちろん女の子!

設定が設定なのでちょっと難しい単語とか出てくるけど、特に苦も無く読める感じでした

ストーリーは歴史を修正していく過程でヒロインの女の子と仲良くなって恋人になってエンディングへ

という流れなんですが

メインヒロインのニュートンことアリスのルート以外のヒロインのルートは、基本的には歴史が変わった状態でのエンディング、ということになるので、アリス以外のヒロインのエンディングは完全なハッピーエンド!というわけではないのがちょっと気になるかな、というのはあるんじゃないかと

またメインストーリーに重きを置いてる感じなので、各ヒロインのルートはそこまで長くない感じ

多少イチャついてエッチしてエンディング、みたいな感じなので、キャラの掘り下げは個別ルートじゃなくてメインシナリオでやってる感じですね

なのでヒロインとのイチャイチャを求めると物足りないと感じるかも

その分メインシナリオは面白い!

歴史を修正するために主人公たちがいろいろと動くわけですが、進めていく毎に「おおっ!」となる展開が多くて楽しい!

序盤こそいきなりのタイムスリップで何が何だかわからん……って感じでしたが、途中から合流するキャラがよく、主人公とのやり取りが面白かったです

ボリューム的にも程よい感じで、長すぎてツライ……とか短すぎてあっさりしてる、ってこともなく、あまり中だるみとかもしないのもよかったです

キャラとのイチャイチャを楽しみたい!っていうにはちょっと物足りないですが、シナリオを楽しみたい!って人にはお勧めのゲームです

 

ちなみにタイムスリップものが好きならこっちもおすすめです



タイトルとURLをコピーしました