【もののあはれは彩の頃。】【ネタバレ注意】クレアルートもクリアしました!

もののあはれは彩の頃。

どうやってもカラスに勝てる気がしないクレアルート

【もののあはれは彩の頃。】クレアルートは双六の謎が明かされる……?
暁の失態でいろいろ困ったことになったけど、とりあえずクレアとの同盟は続くで、暁もクレアもサイコロを振って喫茶店から出ていくわけですが暁が出ていった先にはカラスの姿が騙されたことに文句を言いつつ、...

ゲームの方とは関係なしに喫茶店で調べものしてる二人は

双六の真実に到達する!

……っぽい?

本に書いてある情報を読んでるだけだから

本当にこの双六のことを指してるのかはわからないけど

まあさすがにここで検討はずれな話が出てくるとは思えないし

多分事実なんでしょう

で、クレア達が双六に参戦してる理由が

盤と縁が繋がっているものが駒として入ることができる

ってことらしく

じゃあ盤って誰よ……って話になったら

みさきが盤だっていう話が、みさきルートで出てましたね

こうなってくると、書いてあることは全部本当のことっぽいわけですが……

この双六、浄土双六って言う名前らしいんですよね……

あれ……どっかで聞いたことがあるような……

確かこれ、みさきルートで、ちょこちょこ出てくる先生が持ってたやつですよね……?

これは……怪しい

ついでに前回カラスが黎を謎の方法で始末したのも

何故かカラスは現実世界にいて、現実世界で黎を殺して盤面から排除した

とか言う理由っぽい

ナニソレコワイ

ついでに双六のクリア報酬についても語られていて

双六をあがったら今使ってる特殊能力を現実世界に持ち帰れるよ

とのこと

現実で死にかけてるのに、上がって能力がもらえたところで意味はあるんだろうか……?

よくわからんけど、そういう決まりがあるならどこかで活かされるんでしょうが

ちなみにさっきから読んでるこの本

書いたのはクレアのお父さんだけど、協力者が二人ほどいる模様

片方は読めないし、もう片方も今まで出てきてない名前なわけですが……

一人だけ……まだ本名が出てないキャラクターがいますね……

で、まあ双六の謎には到達したっぽいけど

それはそれとしてゲームの方は続く

いよいよ自分達の領土から出て、クレアも暁も動き出したわけですが

果たしてどうやって勝つつもりなのか

クレアは何かしら考えがあるっぽいけど……

とりあえずこの回はクレアと暁はまた同じ場所に

寝てる暁のことを見ながら

独り言みたいな感じでいろいろ言っちゃうわけですが

全部聞かれてるのわかってる上で言っちゃってるって言うね

そのままの流れで告白しちゃうことに

まあそもそも少し前にポロっと好きだって漏れちゃってたしね

なんかずっと対等な協力関係みたいな仲だったからちょっと唐突感あるけど……

こういうの、いいよね

でも結ばれたのはいいけど、ここは一人しか上がれないマップなんだよな……

というかそもそもカラスの方が上がりそうだし

でも二人は諦めてないっぽい

どころか

同じエリアに止まったみさきとカラスに勝利宣言

片や絶対にゲームに勝つというつもりのカラス

片や絶対にゲームを終わらせないというみさきの二人を相手

ここから暁がどうやって勝つのかと思ったら……

暁の領地を取って、クレアの領地があと一つでつながる

というところまで事が進むことに

これは……ここからクレアが勝つ流れ?

っていっても、投票権をたくさん持ってるカラスの優位は動かん気がするけど……

暁がマスの宿命で自分を正反対のマスに飛ばすことに

そうなると今度はあと一マスでクレアが勝利!

って言うところだったのに、そこが暁のマスになっちゃうけど……

なんと暁とクレア、宿命の効果を使って

お互いに効果を発動し合い、クレアの領地を全部暁に渡す流れになるって言うね

サイコロ振ってないのに宿命が発動するってことで

投票による妨害も不可

これならカラスに勝てる!

わけですが……

当然同じエリアにいるカラスは妨害に走ることに

能力を使って二人を燃やそうと煽る煽る

煽るけど、もう完全に決意しちゃってる二人が折れないのがイイ!

暁とクレアがパートナーしてるのが滅茶苦茶いい!

そんな二人にカラスは最後まで食い下がるわけですが

カラスの本当の目的

それは失った記憶を取り戻すことで

緑マスを踏んで現実の記憶を取り戻すことだった

が、しかし、カラスは生きてる人間だから走馬灯は起きず、記憶は戻らない

代わりに

二人が調べものをしたときに知った謎の名前

それがカラスの本名だった

ってことでそれを突きつけると

図星を突かれたカラスが自分の炎で焼かれることになるっていうね

カラスの能力が、それが本当のことっていうのを判別したわけですが……

この能力で自分が燃えたら、自分の知らない自分のことが分かる

そのための能力だったんやなって……

カラスも自分の名前が知れて満足

もうゲームのことは好きにしてええから勝手に上がれ

って言って去っていくことに

これで今度こそ邪魔ものなし

これで暁の勝ちが確定になる……

わけですが、同時にクレアの敗北も決定することに

でも、この双六

文献によれば、ちゃんとした上がりに到達するまで振出しに戻り続けるルールがあるそうな

冒頭で縁とカラスのコンビにやられた暁が今もこうして無事でいる

っていうのは、そういうこと……

ってことはこれ、琥珀のルートもみさきのルートも、真のあがりじゃないからまた最初からやり直しになってる……?

これは……トゥルールートありますね!

でもこの回はこれでおしまいだし

このクレアにとっては今の巡目がすべてだしで……お別れはやっぱり切ない……

で、まあ現実に戻って

そのままやることヤッちゃうって言うね

でもこれ、現実じゃないから……

本当の戦いは、これからだ!




タイトルとURLをコピーしました